2018/10/10

食いしん坊になったりりちゃん

 

 

25_3

最近は、ときどきになった中庭散歩

それより食欲がすごい。
昼食、夕食時には、こんな顔でじっと見つめられてしまいます。
お魚はもとより、肉、パン、チーズ、卵、、、

こないだまで、人間のものには一切興味をもたなかったのに、
ミルクやチーズが好きだった子ども時代に戻ったかのようです。

立ち上がり私の椅子に片手をかけ、もう片方の手で私の膝をトントンと叩き、早く下さい、と要求されると、可愛すぎてとても拒否できるものではありません。



26_2


お行儀が悪くなったりりちゃん。

テーブルのうえにコップを置き忘れると、こんなことになってしまいます。

24_2

こんなへんな格好で寝ます。

これっておばあさんっぽいのでしょうか。

18歳半。

言い忘れました。
処方箋で買う腎臓病の缶詰Hill's K/Dは、とにかく強烈に匂うんです。
ツナと書いてあるのに、いちばん多い内容物はポーク。りりちゃんはこの匂いが苦手で、缶詰を開けるパクッという音を聞いただけで走って逃げていく始末。ツナ缶を混ぜたり、何とかして少しでも食べさせなければやせる一方、いろいろ工夫しましたが、嫌々ながら食べる姿を見ているのはつらいものです。ついにこちらが降参。もう腎臓病の缶詰はやめました。

Petcoに行って、いろんな缶詰の中味を読んでは試し、中くらいの値段で良いものを見つけました。Age7+と唯一年齢が書かれた、調整された(野菜などを入れてタンパク質を押さえている)サーモンとチキンの二缶。大喜びで食べてくれます。

それからです。食欲に目覚め、以前より食べる量も増えました。減った体重を取り戻さんばかりに。もとが痩身体質なので、ぜんぜん太りませんが。

あ、これも言い忘れました。
りりちゃんは、もう歯がほとんどなく、尖った犬歯があるのみ。なので、ドライフードも噛めません。味(匂い)にうるさいりりちゃんは、水でふやかしたのが嫌いで食べてくれず、固いまま飲み込むという食べ方をします。

年をとるのはつらいものだと、つくづく。
飼い主とちがって、この顔で年寄りだと思うのはなかなか難しいのですが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/10

散歩猫復活

1

  乾燥がつづいてシャモジのように薄くなっても伸び続けるサボテン。もう2階の屋根まで届いています。(屋根まで達するサボテンを撮ると猫が写りませんからこのブログでは割愛)

りりちゃん、サボテンに鼻をこすりつけるのはやめようね。つるつるに見えてもすごく細かいトゲがあるんだから。



2
去年のかわいそうなりりちゃんとは見違えるほどの復活を果たしました。

9_2

外を歩くりりちゃんは、ちょっと与太者風でふてぶてしいですね。
でも、緊張しているんです、他の猫の存在に。

家の中にいると、

「まあ、どこのお嬢様、よほど良いおうちで育ったのね」 (笑)(はい、生後すぐからうちで育っています)

とか、

「なんて可愛いんだ。 Stop it! それ以上可愛くするのはやめてくれ。ダディはがまんできないよ」 (失笑)

なんて言われてるのに。


 

1_2

家でお昼寝中のお姫さま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/24

中庭社会デビュー

  17
ついにその日がきました。

左にいるのは、向かいのプレゼンツの4匹の猫の若い1匹。

外での初めての出会いです。

はい、りりちゃんは黙って何歩か後ずさりし、くるりときびすを返してゆっくり立ち去りました。

昔は、どんな相手にでも激しいうなり声をあげていたのに。。。

大人になったというのでしょうか。

年をとったというのでしょうか。

21 

18歳の誕生日を迎えたりりちゃん。

25

いつも気になるのは中庭の他の猫のこと。


3_2

お向かいのプレゼンツのダイニングキッチンからのぞいている2匹の猫。目が合ってしまいました。りりちゃん、腰が引けてますね。

4

くるりと退散です。

りりちゃん、偉い! それでこそ大人! (笑)

やはり動物の本能というものは優れていますね。

戦わずして、自分の体力というのがわかる。自分の年齢を知っている。

しかし、ガラス窓越しですよ。窓柵だってあるのに。。。

とても真剣なまなざしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«まだまだ探検の日々